< 西表島ドハマりになった宿のナイトツアーと買い過ぎた夕食(西表島③) | よしタビ

西表島ドハマりになった宿のナイトツアーと買い過ぎた夕食(西表島③)

沖縄県

~ここまでのスケジュール~

2019年12月17日:羽田空港出発→石垣島到着→玉取崎展望台→サビチ洞→→石垣島サンセットビーチ→平久保崎灯台→元紳助さん食堂→大浦ダム→吹通川マングローブ→底原ダム&真栄里ダム→川平湾→石垣御神埼灯台(いしがきおがんさきとうだい)→琉球観音埼灯台→夜散歩→あきら→ゲストハウス宿泊

2019年12月18日:バンナ公園→川平湾→高嶺酒造所→石垣やいま村→一休(ヤギ汁)→龍神鍾乳洞→ドン・キホーテ→石垣島空港(レンタカー返却)→石垣島フェリーターミナル(荷物預け)→730&ユーグレナモール(散歩)→さよこのサーターアンダギー&八百屋→知念商会→フェリー【石垣島ー黒島】→プズマリ&宮里海岸→黒島宿泊

2019年12月19日:→プズマリ&宮里海岸→仲本海岸→黒島灯台→喜→ガソリンスタンド→伊古桟橋→黒島展望台→たま商店→UNDOUYA→黒島ビジターセンター→黒島研究所→振り向き岩→フェリー【黒島→石垣島】→MAMI DELL→フェリー【石垣島→小浜島】→西大岳展望台や→大岳展望台→カトレ展望台→細崎海岸&海人公園→こはぐら荘→
前本商店→節さだめ石&シュガーロード→小浜島宿泊

2019年12月20日→フェリー【小浜島→石垣島】→八重山博物館→金城かまぼこ店→イオン→八重山平和祈念館→具志堅用高記念館→焼き肉『ちょうしゅう』→フェリー【石垣島→西表島】大原港→忘勿石の碑→南風見田(はえみだ)の浜→大原港→野生生物保護センター→由布島→上原港→白浜港→水準点モニュメント→子午線モニュメント→千立の節祭の石碑→唐変木(とうへんぼく)→今回

西表島とは

沖縄県では、沖縄本島に次ぐ2番目の大きさの島です。島の90%が亜熱帯の自然林となっています。至る所にマングローブが存在しており、その中をシーカヤックやSAPで楽しむツアーが人気です!また、『バラス島』というサンゴ州で出来た島があり、世界で2つしかないと言われているサンゴの島の1つが西表島には存在しています。

海でのシュノーケルやダイビング、釣り等も魅力的で、海・山・川の自然を満喫できる島となっています♪東洋のガラパゴスとも呼ばれていて、童心に戻ったかのようにはしゃいでしまう最高の自然・景色を楽しめる島です♪

イリオモテヤマネコやヤシガニ等の珍しい生き物と出会えるのも魅力的です!

島のほとんどが、国立公園・特別保護地区となっているために色々な規制・ルールがありますが、『郷にいては郷に従え』事前調査で承知の上、訪れる事をおススメします。

宿泊先によっては、部屋での飲食禁止・ゴミの持ち帰り

島全体が、禁煙という情報がありますので、ご注意を!

世界自然遺産も目前?観光客の人数制限が決定?という話もあるので、気軽に行けるのも今だけかもしれません。西表島に行くなら今がチャンスかもしれません。そんな西表島の魅力を伝えられたらなぁ~と思います。

ちなみに、行った今だからこそだから書けます(笑)

石垣島周辺の離島で一番興味が無かった西表島で一番楽しんじゃって、この旅でリピートしちゃいました(^◇^)

そして、今回の旅終了後に『西表島メインの旅の計画&実行』完全リピーターになっちゃった今だからこその記事です。

ってことで、今回の記事スタートですε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

スーパー八重

やっぱり寄っちゃう地元スーパー♪

今の所、黒島・小浜島・西表島と全ての離島で立ち寄ってます\(^o^)/

鶏ハラミ炭火焼を購入しました!

まだあります♪

和鮮魚店

気になっちゃいました♪

安いんだけど、量が多いっていうのが贅沢な悩みどころでした(笑)

酢めしは握ってくれるみたいなんですが、まだ覚ましてる時間だったみたいでしたが、そのままパックに詰めてもらっちゃいました(^◇^)

ちなみに醤油も袋に入れてもらっちゃいました(笑)

あとは、残ってたサータアンダギー5個購入!

これだけ買っても1350円でした!

最高のコスパです♪

是非一度立ち寄ってみて下さい。

ってことで、この日の宿に到着です!

宿

チェックINの際にナイトツアーの誘いをして頂きました(^◇^)

シーカヤックでチンしたくないので迷いましたが、大丈夫とのことだったので行ってみることに!

あとは、館内の説明♪

①飲食は共有スペース1カ所のみ

②自分で出したゴミは持ち帰ること

最初は驚きましたが、よく考えれば当たり前の事なのかなと!

・部屋で飲食すればアリや虫が近寄ってくる

・食事も提供している宿なので持ち込む必要はない

・自然保護区にもなっている島に外から持ち込まない

・石垣島はゴミの分別が多い&西表島には処理施設が無い

・ホームページに①②の事は記載されている

自分は、知床に行った際にガイドさんに自然界の中に人間が入らせてもらってるっていうことを学んだので、受け入れることが出来ました♪

中には、色々と苦情を言う人もいるみたいですが、そんなことは口コミ等でも知ることが出来るので、きちんと調べてから予約すれば良いこと!

繁忙期には色々とサービスが上手くできなかったり、情報が上手く伝わってなかったりというトラブルはあると思いますが、そんなのはどこへ行ってもどの職場でもあることなので!お互いに人間なので( ^)o(^ )

自分はゆっくりしたいので、『桜』以外はオフシーズンが好きなので!

ゆっくり見て歩けるし、宿でもコミュニケーションを取れるし♪

このコミュニケーションを取れるっていうのが大事だと思います\(^o^)/

繁忙期でイマイチだった人も『二度と行かない』ではなく、オフシーズンにもう一度行ってみるのもアリだと思います♪もしかしたらイメージが変わるかも?しれません。

自分も口コミ等を確認したりしますが、評価は人それぞれ!

基準が違うのでどれを信じれば良いか迷いますが、自分なりの基準を見つけてみて下さい。

自分の宿泊サイトを探す際に気にしてることは

・料金

・風呂トイレ付き

・広さ

・立地

くらいですかね?

チェックINして確認する事は

・お風呂の広さ

・天気の明るさ

・コンセントの数

くらいです!

シャワーと布団があれば基本OKなのでそんなに重要ではありませんが・・・(笑)

ってことで、『郷にいては郷に従え』です!

最高のサービスを受けたいなら一番値段の高い場所に泊まればいいじゃない♪

ってことで、部屋に入ってご飯を持って共有スペースにε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

夕食

バカ食いでしたが、食べきれず廃棄することになってしまった物も多数あります。

『かまぼこおにぎり2個』と『スパムおにぎり1個』は食べきれなかったです・・・

苦しすぎたのでナイトツアーまで部屋でゴロゴロ(笑)

ナイトツアー

まだお腹がいっぱいでしたが、ナイトツアーに向け出発ですε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

川に出ると茂みからガサガサ・・・

ん?と思ったらガイドさんがヤシガニって!当たり前のように言ったけど、自分にとっては初めての野生のヤシガニ♪

ここで、ガイドさんも少し珍しそうに『ヤシを食べてるヤシガニ・・・』ヤシガニと言えば、ヤシの実を食べることからヤシガニという名前を付けられたとも言われています。

日本には自然にヤシの実が無いみたいで、たまたま流れ着いたヤシの実にヤシガニが喰らいついている状態でした( ^)o(^ )

幸先の良いスタートです!

軽い運動とレクチャーを受けたらすぐに出発ですε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

カニ・ハゼ・ウナギ・手長エビにも出会いました♪

途中からは湿地帯を歩いて目的地の滝に到着です!

夜の滝も途中であった生き物たちも最高でした!

このナイトツアーが自分を西表島にハマらせた第一のきっかけです(^◇^)

帰り道は、凄く早く感じました♪

宿に戻ってこの日12月20日(4日目)は終了です!

ってことで、今回の記事はここまでです\(^o^)/

次回は、水牛に乗って由布島に上陸する記事です♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました