< 中国地方のオススメ・外せないスポットを紹介!魅力たっぷりの旅でした! | よしタビ

中国地方1周!総集編(まとめ)

まとめ(総集編)

今回の記事は2018年6月6日~6月12日で行った『中国地方1周』の記事の総集編(まとめ)です♪

以前紹介した2018年5月16日~5月26日で行った『北海道1周レンタカーの旅』から20日後しか経過してない時に、想定外のことが起きたので急遽『中国地方1周』を計画し実現することになった旅です(笑)

仕事上のトラブルにより広島まで移動したのは良かったんですが、想定していたよりも時間が必要みたいで、1,2日くらいなら広島でウロウロしてれば問題ない!って家を出発したんですが、1週間以上の時間を潰さなくてはならなくなってしまいました(笑)

そんな時に思いついたのが『中国地方1周の旅』です♪北海道の時と一緒で毎日が移動、中国地方5県(広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県)すべてに宿泊する旅となりました!

これまで6回に渡り各県での出来事などを紹介してきましたが『総集編』としてスケジュールやその日の一番の思い出を写真と簡単なエピソードと一緒に紹介したいと思いますヽ(^。^)ノ

6月6日(1日目)広島県入り

広島県入り→権兵衛(おでん屋さん)→広島宿泊

《お気に入り一枚》

この日は『権兵衛』で食事しただけでしたが、人生初の『おでん屋』さんという事で少し大人になれた気がします!大根の大きさに驚かされながらも柔らかく染み渡った味に職人を感じました♪

 

6月7日(2日目)広島県宿泊

宮島観光→広島宿泊 ※お昼頃『中国地方1周!』が決定♪

《お気に入りの1枚》

日本三景の一つ『宮島』ですが、厳島神社だけではなく宮島ロープウェイを使って『弥山山頂』に行くことが出来たのが良かったです♪条件が合わないと行くことが無い所なので貴重な時間でした!

6月8日(3日目)レンタカー旅スタート 岡山県宿泊

広島市内出発→街かど市民ギャラリー90→呉集会場→入船山記念館→珍来軒(呉冷麺)→道の駅 たけはら→みはら歴史館→道の駅 みはら→岡山県宿泊

《お気に入りの1枚》

呉冷麺の存在から広島県民のソールフードだったことなど知らないことが沢山で旅に出ることで出会える新たなご当地グルメを知ることが出来た!

6月9日(4日目)鳥取県宿泊

カブトガニ博物館→笠岡ラーメン(坂本)→児島ジーンズストリート→鷲羽山→美観地区→鳥取砂丘→牛骨ラーメン(いのよし)→鳥取県宿泊

《お気に入りの1枚》

瀬戸内海の島々や本州と四国を結ぶ瀬戸大橋を眺めることが出来る鷲羽山にはやり残したことが沢山!倉敷市を中心にリベンジが必要です♪

6月10日(5日目)島根県宿泊

はわい温泉→北栄町(名探偵コナン・道の駅大栄)→足立美術館→出雲まがたまの里→稲佐の浜→出雲大社→出雲そば→日御碕→島根県宿泊

《お気に入りの1枚》

この旅で一番充実した1日!名探偵コナンの作者『青山剛昌』が生まれた故郷は『コナン』で埋め尽くされていました(笑)そんな中、現代社会において当たり前の存在になっている『道の駅』ですが、第一号『大栄』がコナンの町に存在していました!

日本一の庭園『足立美術館』や出雲大社などが登場した1日でしたが、一番印象に残ったエピソードが『道の駅 大栄』でした♪鳥取県が複数のカレータイトルを獲得しているのにも驚きましたけどね(^_-)-☆

6月11日(6日目)山口県宿泊

岩見畳ヶ浦→しまねお魚センター→景清洞→大正洞→秋吉台→秋芳洞→山口県宿泊(スイカ)

《お気に入りの1枚》

日本三大鍾乳洞の一つ『秋芳洞』でしたが、鍾乳洞の中はもちろんですがそこに至るまでの景清洞→大正洞の過程が重要でした(笑)

先に行った二つの鍾乳洞には他のお客さんが居なかったので恐怖心であまり楽しむことが出来ませんでした・・・しかし『日本三大鍾乳洞』ともなれば多くの観光客が居たために一安心でした♪

心の底から鍾乳洞を楽しむことができ『百枚皿』のような素敵な景色も見ることが出来ました!

6月12日(7日目)最終日 広島県入り

錦帯橋→瓦そば→岩国城→広島県入り→広島駅(汁なし担々麵)

《お気に入りの1枚》

日本三名橋の錦帯橋を岩国市内と合わせて一望できる岩国城からの景色は一度は見て欲しい景色です!錦帯橋だけが目当てだったこれまでは出会えなかった景色が広がっていましたヽ(^。^)ノ

レンタカー総移動距離

この旅ではお世話になった相棒の写真を撮るのを忘れてしまったのでメーターだけの紹介になります!

《出発時》65147㎞

《返却時》66400㎞

《総移動距離》1253㎞でした♪レンタカーを使用した期間が6月8日~6月12日でしたので4泊5日の移動距離でした!5日で割っても1日250㎞移動です・・・

ってことで、急遽始まった『中国地方1周』の紹介はこれで終了します♪最後まで読んでいただきありがとうございました(^_-)-☆

良かったら次回以降の記事も読んでみて下さい♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました