< 東京ヤクルトスワローズ!2021年シリーズ戦力♪『4位予想』 | よしタビ

東京ヤクルトスワローズ!2021年シリーズ戦力♪『4位予想』

スポーツ

2月1日より各球団が2021年シリーズのキャンプインしました!

コロナウィルスの影響により無観客によるキャンプインですが、シーズンが始まれば多少の制限がありながらも歓声ある中での試合が行われることを祈っています♪

2020年シリーズは最下位となってしまった『東京ヤクルトスワローズ』ですが、今年の戦力を考えて順位予想をしていきたいと思います!

あまり詳しくない球団があったりもしますが、個人的な意見となりますのでご了承下さい♪

※特に中継ぎ投手・新人・助っ人には自信がありませんがご了承下さい!

先発投手

オフに先発の柱である『小川選手』と抑えの『石山選手』の残留が決定して球団としては、2021年シリーズに望みをつなげたというところでしょう!

正直『小川選手』が抜けた後のことを考えたら・・・っていうのが正直な感想です。

シーズンを通して勝ち頭としてローテーションを守れそうな戦力は【小川選手・高梨選手・原選手・スアレス選手】この4人が結果を残しつつ、1年間ローテーションを守っていかないとAクラス入りは難しいのかな?って思います。

この他に【石川選手・奥川選手】がローテーションの勝ち星も重要になることでしょう!

特にベテランの『石川選手』は昨年は2勝8敗という結果でしたが、今年こそ結果を残してくれることでしょう!ヤクルトスワローズの現状での『石川選手』の役割は沢山の貯金を作る<借金を作らずローテーションを守るです。

嬉しい大誤算もAクラス入りには必要ですね?その期待はやはり『奥川選手』でしょう!昨年のドラフト1位で千葉ロッテの佐々木選手と共に活躍を期待されましたが1年目は・・・正直、自分の中では2021年シリーズのヤクルトスワローズの勝ち頭は『奥川選手』に期待しています!しかし、嬉しい大誤算としてです!やっぱりベテラン・中堅の選手たちで土台を作って常に優勝争いに加わるチームになって欲しいです♪

あとはケガや調子が上がらない選手に代わって加わる戦力の厚みが欲しい。新戦力を含め新たなヒーロー誕生に期待しています!

小川選手→12勝以上

高梨選手→10勝以上

原選手→10勝前後

スアレス選手→10勝前後

石川選手→7勝前後

奥川選手→10勝前後

自分の中では先発投手がこれくらいしてくれないとAクラス入り&来年以降の期待はできないのかなぁ~って思います!

中継ぎ投手

個人的には色々と考える上で『ココが苦手分野』でもあります。昨年は【清水選手・マクガフ選手・長谷川選手・梅野選手・寺島選手・今野選手】が中継ぎとして20試合以上登板しているみたいですが、名前を聞いてピンって!思い浮かぶ選手が・・・ヤクルトファンの方からすれば『何で知らないの⁉ちゃんと野球みてる⁉』って思うかもしれませんが、イマイチ印象に残ってません。マクガフ選手は助っ人として聞いたことがある!寺島選手は履正社時代の好投手!今野選手は地元が宮城の選手だったから!くらいでしか・・・っていうのが正直な感想です。

応援しているチームじゃなくても多少は知っているつもりでしたが、こういう記事を書いてみようと思うと意外に・・・しかも、常にパ・リーグを見ている人間なので!

ってことで、中継ぎ陣から野球ファンならだれでも知っている!っていうような戦力の選手が一人でもいれば一気にAクラス入りの可能性があるかも⁉

抑え投手

ココは間違いなくFA残留した『石山選手』ですね?

正直、契約内容に当てはまる選手なの⁉他球団も欲しい存在⁉っていうのが最初の感想でした。しかし、毎年結果を残しているのが事実であり、年間通して安定な投球をしているという事が評価だったと思います!

中継ぎ・抑えというのは縁の下の力持ち!特に抑えの投手は試合を締める役割はもちろんですが、同点で負けられない状況において登板しなければならない選手であり、負けている場合でもチームを鼓舞する陰のエースでもあるんです!

同点に追いつかれれば勝ち投手の勝ち星を消してしまい、野球選手としての勝ちという記録を1勝消してしまうという選手の人生そのものを背負ってマウンドへ上がる選手が抑えの投手なんです!

今回の契約は球団から『石山選手』に向けたメッセージは『最後のマウンドに立っている選手』だと思うので契約期間内で優勝のマウンドで喜んでいる姿を野球ファンとして期待してます( ^)o(^ )

捕手

2020年シリーズは【西田選手・中村選手・嶋選手・古賀選手】が出場する機会が多かったみたいですが『西田選手』が一歩抜け出してレギュラーを勝ち取った感じですね?

過去には古田さんという日本を代表するキャッチャーが居たチームなので、どうしてもキャッチャーに期待してしまうのがヤクルトスワローズの印象です!

最近では『中村選手』が正捕手として定着しつつありましたが、昨シーズンは『西田選手』の活躍もありました!ベテラン『嶋選手』も2年目となりますので、今シーズンのキャッチャー争いからは目が離せませんね?

個人的には『中村選手』が正捕手としてシーズン通して活躍することがAクラス入りへのカギを握っていると思いますが、切磋琢磨で上位へ食い込んで欲しいです!

内野手

他球団と比べても各ポジションの選手はAクラス入りしてもおかしくない戦力!やっぱり重要視されるのが【山田選手・村上選手】のシーズンを通しての活躍です♪多少の不調はあるとしてもケガでの離脱などをされちゃうと大きな戦力の差に直結してしまいます。

ソフトバンクから『内川選手』が入団したことによってファーストに入るのかな?年齢も年齢なのでDHがないセ・リーグでは、ファーストのレギュラー定着で行くのか?代打の切り札で行くのか?分かりませんが、出場機会を求めたことや現役バリバリで結果を残してきた選手なのでファーストで問題ないのかも?

昨年までは【村上選手・坂口選手】がファーストとやっていたイメージもありましたが『内川選手』が固定となれば相乗効果もあるかもですねヽ(^。^)ノ

内野で一番心配なのはショートですね!心配と言ってもネームバリューだけですけどね?ヤクルトスワローズには古田さん同様に宮本さんという絶対的なショートを守る日本を代表する選手がいたので・・・昨年は助っ人の『エスコバー選手』と『西浦選手』が半分半分で出場した感じですね?両選手ともサードでも出場機会も同じくらいありましたので、大きな戦力の差はなかったのかと!2021年シリーズは『エスコバー選手』が居ないので必然的に『西浦選手』の出場機会が増えると思います♪

山田選手が居ない時にセカンドを守っていた宮本選手にも期待ですね!

ファースト→内川選手

セカンド→山田選手

サード→村上選手

ショート→西浦選手

内川選手が出場するとすればファースト固定となると思うので、必然的に他の選手のポジションが固定させることになると思います♪各自が自分の仕事・役割に集中でき、より一層の結果を残せる可能アリ!ですね♪この選手たちがシーズンを通してこれまで通りの活躍が出来ればAクラス入りは間違いなしです!

セ・パ合わせても上位にランクインするほどの選手たちなので、順位にも変化があるかも!しかし、控えメンバーとの戦力差には問題があるかもしれませんので安泰とは・・・常勝軍団になるには選手が入れ替わっても新戦力が活躍しちゃうチームです!

もっと大切なのはチームの雰囲気!勝手なイメージですが日本一雰囲気の良いチーム=ソフトバンクです!勝っているから笑っているんではなく野球を楽しんでいるのが見ている側からでも伝わります♪そんなチームから『内川選手』が移籍してきた今シーズンがヤクルトにとって大切な一年になるんじゃないかなぁって思いますヽ(^。^)ノ

外野手

昨年は色んな選手が出場しましたが、ベテラン勢の力が必要【青木選手・坂口選手・雄平選手】みんな左打ちの選手にはなってしまいますが、この三選手に割って【塩見選手・山崎選手】を中心とした他選手が這い上がって欲しい。

『雄平選手』には以前のような打撃の中心として復活を期待してます!

内野手でも沢山紹介しましたが『内川選手』がファーストに固定となれば『坂口選手』が再び外野のスタメンを勝ち取る可能性が大です!自分の中での『坂口選手』は各球団に居るチャンス・ピンチの時に活躍する対戦相手にとっては嫌らしい曲者な選手です!と言ってもテレビで見ていてですよ?上から目線で色々話しているので勘違いする人もいるかもしれませんが、完全なる素人意見なのでご了承下さい(笑)

自分は地元の楽天を応援していたんですが、オリックス時代の坂口選手・後藤選手は・・・現在は

ソフトバンク:今宮選手・中村選手・甲斐選手

西武ライオンズ:栗山選手・外崎選手・源田選手

千葉ロッテ:田浦選手

日本ハム:太田選手・近藤選手・西川選手

オリックス:大城選手

パッと浮かんだのはこんな感じですが、試合を見ていて流れが変わりそうってところで名前を聞きたくない選手たちです(笑)

ピンチの場面とかって好打者とかに打席が回った方が安心しちゃうんですよね?打たれても切り替えしやすいし、抑えたらチームに流れが来るし!

ってな感じで、坂口選手はピンチの時には打席を回したくない選手として1・2番に居て欲しくない選手です(笑)長距離バッターの方が勝負を急ぐ反面、この手のバッターはしつこいです(笑)厳しい所へ投げればカットされ・変化球で誘えば見逃され・甘いボールを投げれば打たれて上位へ繋がる・・・ものすごく疲労が溜まります。中継ぎ陣に不安を抱えているチームにとっては最悪の選手ですね(笑)そんな『坂口選手』が個人的には大好きですヽ(^。^)ノ

2021年シリーズも頑張って下さい♪

ちょっと話が盛り上がりすぎちゃいましたね!ヤクルトスワローズにはもう一人忘れてはいけない人がいますね?メジャー帰りの『青木選手』には、結果としての活躍はもちろんですが『内川選手』同様にチームの雰囲気づくりをしてほしい!昨年も色んな場面でチームを鼓舞しているところを見ましたが、2021年シーズンは【青木選手・内川選手】の2人のベテランで良い意味でチームの雰囲気を掻き乱してほしいです!投手陣を代表して『石川選手』も加わっても良いかな?(笑)

会社でもそうですが、上の人間がバカになればなるほど職場の雰囲気が変わります!中堅選手・若手選手が本来持っている以上の力を出せるようなチーム雰囲気づくりをしてほしいと思います♪

特にシーズンが始まれば、引き続きコロナ対策の中で試合をしなければならないので満員の歓声の中で試合することが出来ないと思うので、ベンチでの雰囲気づくりがより重要になってきます。

また、いつか満員会場になって相手チームの雰囲気に飲み込まれそうになっても、自分たちの雰囲気づくりが出来れば平常心で臨めると思います!

チームをまとめる『高津監督』さんなら現役を離れて時間も経っていないし、ブルペンから送り出される時に周囲からの掛け声で気持ちを高めてもらっていたと思うので雰囲気づくりの重要性にはより理解があると思います!

スタメン

自分がベストだと思うスタメンを発表します!

先発:小川選手

中継ぎ:清水選手(7回)・マクガフ選手(8回)

抑え:石山選手

捕手:中村選手

一塁手:内川選手

二塁手:山田選手

三塁手:村上選手

遊撃手:西浦選手

左翼手:雄平選手

中堅手:青木選手

右翼手:坂口選手

キャリアハイの成績だったら優勝圏内のメンバーですよね⁉

順位予想

勝負事なので順位をつけたいと思います!自分勝手なイメージでコメントしてきましたが【先発投手・中継ぎ投手・抑え投手・捕手・内野手・外野手】の項目で6球団それぞれ順位付けして、結果的に合計の少ない数字のチームから順位をつけて行きたいと思います!

先発投手→6位(広島→横浜→阪神→巨人→中日→ヤクルト)

中継ぎ投手→5位(横浜→中日→阪神→巨人→ヤクルト→広島)

抑え投手→4位(阪神→横浜→中日→ヤクルト→広島→巨人)

捕手→4位(阪神→広島→巨人→ヤクルト→横浜→中日)

内野手→1位(ヤクルト→巨人→横浜→中日→広島→阪神)

外野手→3位(巨人→阪神→ヤクルト→横浜→広島→中日)

《結果》

23点→4位

あくまで単純に数字に変えてみたらです!【山田選手・村上選手・青木選手】がタイトル上位に加わり【内川選手】がどれだけの成績を残すのか⁉ベテラン【雄平選手・坂口選手】の安定した結果にも注目です!ある程度打ってくれるチームだと思うので、投手陣がどれだけ粘れるかがカギとなってきます!そのためにも小川選手の2ケタ勝利が上位進出へは絶対条件♪中継ぎ陣からもNEWヒーロー誕生が誕生して抑えの【石山選手】に繋ぐ試合を多く作れれば2021年シーズンの行方も分かりません!

こんな感じで2021年シリーズの『東京ヤクルトスワローズ』への勝手な感想発表を終わります(笑)

自分は地元がある『楽天イーグルス』を応援しています!野球はもちろんスポーツ全般好きです!

最近では、昨年(2020年シリーズ)千葉ロッテのキャンプ地『石垣島』での交流試合!台湾プロ野球『楽天モンキーズ』のチアリーダー『Rakuten Girls』に大ハマりです(笑)

ヤクルトの何を知っているんだ!っていうファンの方や不快な思いをした方には申し訳ありません・・・皆さんで日本のプロ野球を盛り上げましょうヽ(^。^)ノ

以上『ヤクルトスワローズ』の記事でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました