< 投手王国広島カープ!日本一の守備職人と日本の4番が躍動も4位! | よしタビ

8割は先発投手に勝敗が⁉終盤に強い広島東洋カープに何が起きてる⁉

各地でキャンプが開催された2月にセ・リーグの戦力と順位予想を行いましたが、開幕して3月・4月と終了した時点での成績・順位をまとめてみたいと思います♪

勝手な記事になりますので野球ファン・広島東洋カープファンの皆様、お手柔らかにお願いしますヽ(^。^)ノ

4位

4月終了時点の広島東洋カープ順位は4位・・・予想は5位でした。

開幕前の順位予想はコチラを読んで下さい↓

広島東洋カープ!2021年シリーズ戦力♪『5位予想』

30戦13勝15敗2引き分けとなってます。開幕戦だった中日戦こそサヨナラ負けはしましたが、引き分けを挟みながら3連勝など良いスタートが切れたシーズンだったのではないでしょうか?

30試合を消化して3連勝が2回、3連敗が3回とイマイチ乗り切れていないのが心配どころですが、投打の噛み合いが見られた開幕3カードだけを見れば5勝3敗1引き分けとドラフト上位入団の選手たちが本来の活躍に常勝軍団の復活か⁉とも思えるような試合展開でした!

エース大瀬良投手の復活とドラフト上位指名入団の各世代の投手陣&安定感ある野手陣が揃っている広島がイマイチ上位進出できていない理由を探してみようかと思います♪

各部門に分けてこれまでの戦いぶりとこれからの戦い方を考えてみましょうε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

投手 2番目に多い失点

チーム防御力:3.41 失点113点 となっております・・・次の野手(打撃)でも紹介しますが、チーム打率260 得点97点 です!

失点が1番多いのが横浜(154点)→6位

失点が3番目に多いのがヤクルト(112点)→3位

失点が4番目に多いのが巨人(101点)→2位

投手陣が揃っているように見えていますが、意外に5番目に多いという結果に・・・しかし、失点4位のヤクルトとは1失点差なのであまり関係ないのかな?って感じです!

序盤こそ先発投手に勝ち星がつくカープらしい試合展開が繰り広げられていましたが、4月中旬からは歯車が狂い始めたかな?という印象が強かったです!もちろん、先発投手が総崩れしていないところがこの順位に踏みとどまってる証ですかね(^^♪

要所で好投できる先発投手がいるというのは大きな連敗をしない羨ましい戦力です!

大瀬良・久里・野村・森下・床田・中村選手のローテーションで開幕しましたが、30試合消化した時点で九里・床田・森下・野村・高橋・遠藤選手のローテーションに変更しているチーム事情がありますが、心強い野手もいるので粘り強い投球を期待したいです!

消化した30試合のうち先発投手へ勝敗がついた試合が23試合あるんです(^^♪

中継ぎ陣に不安を抱えているカープですが、ここまではそんなに足を引っ張っている感じは・・・

終盤の粘りで逆転して勝利することの多かった以前までのカープの試合展開では、中継ぎ・抑えの活躍から目を離すことができません。

野手 得点4位

投手編でも紹介しましたが、チーム打率260 得点97点 です!これは4番目の記録です♪

得点が1番少ないのが中日(80点)→5位

得点が5番目少ないのが横浜(96点)→6位

得点が3番目少ないのがヤクルト(116点)→3位

 

順位相当ではありますが、3位のヤクルトとの差は、失点は1点差でほぼ互角でしたが約20点の得点差が開いてしまっているのが現状です。

3月4月終了時点で首位打者の菊池選手・4位の鈴木選手がいますが、イマイチ得点力が伸びません・・・ホームランも鈴木選手が6本、菊池・西川選手が5本とそれほど悪い結果ではありません。

しかし、打点部門になると15打点で西川選手、13点で鈴木・12点で菊池選手と打点では躓いているようですね?鈴木選手の前にランナーを増やして4番で返すという広島野球が出来ていないのが気になるところです。

打率・本塁打・出塁率が上位にいるので、鈴木選手自体がそこまで不調ということではないみたいなので、あとは他の野手出塁・活躍がカギになりますね?菊池選手に引き続き同様の打の活躍を期待するのは難しいかもしれませんので・・・

少しでも早い段階で、もう2人くらいの躍動がないと上位進出が難しい状況になってしまうのが現状かと思います!

30試合で3得点以下の試合が17試合(3勝12敗2引き分け)という状況です( ;∀;)

投手陣が頑張って0点で抑えた試合が5試合(4勝1引き分け)の前半がありましたが、4月中旬からは野手陣が0点に抑えられた試合も4試合あるということ!特に5カード目の巨人3戦目から6カード目の阪神・7カード目の中日戦の合計6試合(阪神戦1戦目試合中止)の試合結果が2勝4敗で勝率333でしたが、内容を見ると負けた4試合すべて完封負けなんです・・・

このような状況が続いた中で30戦13勝15敗2引き分けっていう結果は踏ん張れたということでいいんですかね?

延長戦がない今シーズンのカープの逆転劇を見せてくれるかがカギを握ってきますね!

改善&期待

①菊池・鈴木・西川選手に次ぐ選手・・・3選手の活躍は絶対ですが、あと2人くらい名前が挙がる選手が出てこないとAクラス入りが難しいのではないでしょうか?ローテーションを守る先発投手陣の力だけではどうにもできないこともある。

②先発投手のローテーション・・・失点数が多い気もしますが九里・床田・森下・野村の4投手が開幕からローテーションを守り続けています。抜けたところに加わる選手も継続して守り続けています!投手王国カープの層の厚さを感じるとともに、大きな連敗を避けることができる投手陣の能力の高さは他球団からは脅威でしかありません。

③中継ぎ・抑えの活躍・・・3月・4月終了時点では、そんなに目立った活躍を見せてない投手陣ですが、ルーキー栗林選手の抑え抜擢や蟹江・大道・中田・森浦選手が主役になる試合も増えてくるはず!終盤に得点することが多かった昨年までのカープの試合展開には、後ろを任される投手がより重要になってきます♪

まだまだ差があってないようなペナントレース序盤で首位6.5ゲーム差!借金2は問題なし(^_-)-☆

5月で借金→貯金へ!シーズンAクラス定着へ向けて基盤を付ける6月で勢いをつけたいところですね♬

・投手陣がローテーションを守り続けること

・菊池、鈴木、西川選手に次ぐ選手が2人くらい出てくること

最低でもこの2つがAクラス入りする最低条件ですね?2月の予想順位は5位でしたが、2位予想していた横浜が予想以上に苦戦しているみたいなので4位に繰り上げです!阪神・巨人が抜け出しそうな雰囲気もありますが、自慢の投手力で食い止めて上位陣を脅かす存在になってほしいです( ^)o(^ )

まだまだ打線が線になっていない広島東洋カープの3・4月の戦績を勝手に分析してみちゃったブログでした♪

次回は5・6月終了時に紹介したいと思います!先発投手の勝ち星&鈴木選手の打点アップが広島東洋カープの上位進出には必須ですε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました