< 投打が噛み合えば上位進出も⁉中日ドラゴンズ | よしタビ

投は継続・打に厚みが欲しい!中日ドラゴンズ!

各地でキャンプが開催された2月にセ・リーグの戦力と順位予想を行いましたが、開幕して3月・4月と終了した時点での成績・順位をまとめてみたいと思います♪

勝手な記事になりますので野球ファン・中日ドラゴンズファンの皆様、お手柔らかにお願いしますヽ(^。^)ノ

5位

4月終了時点の中日ドラゴンズ順位は5位・・・予想は6位だったんでした。

開幕前の順位予想はコチラを読んで下さい↓

中日ドラゴンズ!2021年シリーズ戦力♪『6位予想』

30戦11勝15敗4引き分けとなってます。開幕戦だった広島戦では4点ビハインドの状況から8・9回で7得点し接戦を制して勝利しました♪勢いに乗るかな?と思いましたが、3連戦で2勝して勝ち越すまでに8カードかかりました。また、連勝するまでも8カードかかりました( ;∀;)

想像以上に食らいついている印象を持ちます!少し歯車が違えばAクラスに居ても不思議じゃない試合をしています♪

各部門に分けてこれまでの戦いぶりとこれからの戦い方を考えてみましょうε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

投手 失点(No.2)

チーム防御力:2.78 失点90点 となっております・・・次の野手(打撃)でも紹介しますが、チーム打率227 得点80点 です!

失点が1番多いのが横浜(154点)→6位

失点が2番目に多いのが広島(113点)→4位

失点が3番目に多いのがヤクルト(112点)→3位

失点が4番目に多いのが巨人(101点)→2位

失点が1番目に少ないのが阪神(83点)→1位

首位を走る阪神とほぼ互角の最小失点です!この成績を見るとなんで5位⁉ってなっちゃいますよね?そんな謎を少しづつ解明していきたいと思いますヽ(^。^)ノ

中日ドラゴンズの3月・4月の投手結果について文句がありません(笑)

30試合で5点以上取られた試合が全部で8試合(5点:3回 6点:3回 7点:2回)1勝7敗です!これくらいで抑えてくれてたら文句なしですよね?

さらに0点:4回 1点:6回 2点:3回 3点:5回 4点:4回 となってます!全部書いちゃった(笑)これで12勝8敗2引き分けなんです( ;∀;)

3点以内で抑えている試合が18回あるんですよ?確かに18回のうちの12勝で考えれば3回に2回は勝ってる計算にはなるけど物足りないですよね・・・

しかも援護点3点以上貰ってる試合は14試合中8勝5敗1引き分けという結果です!

サヨナラ負け2回・9回に失点で逆転負け1回はありますが、これだけの成績を残してくれているなら問題は投手ではありませんよね?

大野・柳・小笠原・勝野・福谷選手たちが先発としてこのままローテーションを守って活躍し続けて欲しいですね?中日ドラゴンズの投手がここまでの結果を残すのは予想外でした!

接戦になることが多くなるので、中継ぎ・抑えにも負担がかかってしまうのがチーム状況になってしまうのが気になりますが・・・

野手 最小得点

投手陣の活躍は文句なしという事は・・・

投手編でも紹介しましたが、チーム打率227 得点80点 です!これは5番目の記録です♪

得点が5番目少ないのが横浜(96点)→6位

得点が4番目に少ないのが広島(97点)→4位

ダントツの最下位・・・せっかく失点が2番少ないのに打撃がこれでは( ;∀;)

それでも11勝15敗4引き分けの戦績は投手陣に感謝!ある意味『投打が噛み合ってる⁉』のかなぁ?って感じです。

0点:3回 1点:9回 2点:5回 3点:6回 4点:1回 5点:2回 6点:2回 7点2回

0~3点の試合が23回もあるんです⁉5勝14敗4引き分けなんですけど、1~3点の援護で5勝もしてます!(^^)!

ちなみに、1点差負け:4回 2点差負け:4回 3点差負け:2回という結果です‼

良い方へ歯車がズレたら順位に大きな変動がありましたよね?

各球団助っ人外国人の入国遅れ・調整遅れによって不安が多かった開幕でしたが、中日ドラゴンズの打の生命線であるビシエド選手が開幕からスタメンに居たために、もしかしたらスタートダッシュ成功か⁉と期待していたところもあったんですが・・・4月が終わってみれば打率3位の大島選手のみ( ;∀;)

大島選手の継続的な結果と京田・高橋・阿部選手の出塁、ビシエド選手の本塁打・打点のタイトル争いに加わるほどの活躍で得点アップしないと上位進出は難しいのかも?

投手が踏ん張っているうちになんとかペナントレースを面白くして欲しいです♪

改善&期待

①引き続き投手陣の最小失点・・・打撃に元気が出ても投手が炎上しちゃったら意味なし!打撃も得点3位に入れるまでの力は無い⁉かもなので投手へ期待してしまう現状アリ

②各野手の活躍・・・大島選手の活躍は必須!このまま打率3位以内で結果を残して欲しい♪京田・高橋・阿部選手の出塁・進塁も欠かすことのできない存在!何よりもビシエド選手に数字として結果が残ってこないと勝ち星を伸ばすことはできない( ;∀;)

③若手の活躍・・・ドラフト上位で指名された柳・京田・鈴木・梅津・勝野選手が活躍を見せ始めていますが、根尾・石川・郡司などチームがイマイチ結果を残せていない今だからこそ若手の活躍に期待がかかる!

首位まで7.5ゲーム差!まだまだ逆転可能♪

まずは借金4を返済することを目指してヽ(^。^)ノ

イマイチ波に乗れてない中日ドラゴンズの開幕前の順位予想は最下位6位でしたが、3月・4月を終えた今の予想順位は・・・変わらず6位です( ;∀;)

・大野投手が状態が上向き

・大島選手が首位打者を狙える位置

・投手陣が好調をキープしている

状態ではありますが、今シーズンの中日ドラゴンズの得点力には・・・個人的には各球団のエースと投げ合える投手が揃っているので、接戦での投手戦を楽しみにしてます!

投手陣の状態維持・大島選手の首位打者争い・ビシエド選手のタイトル争いで上位チームのパワーバランスを崩す活躍を中日ドラゴンズには期待してます♪

投手と野手の活躍に明暗が分かれた開幕を迎えた中日ドラゴンズの3・4月の戦績を勝手に分析してみちゃったブログでした♪

次回は5・6月終了時に紹介したいと思います!引き続き安定した投手&大島選手の活躍、ビシエド選手のタイトル奪取の活躍が中日ドラゴンズの上位進出には必須ですε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました