< これぞ沖縄!昔ながらの家が立ち並ぶ景色を見たくて『竹富島』へ(竹富島①) | よしタビ

これぞ沖縄!昔ながらの家が立ち並ぶ景色を見たくて『竹富島』へ(竹富島①)

沖縄県

~ここまでのスケジュール~

2019年12月17日:羽田空港出発→石垣島到着→玉取崎展望台→サビチ洞→→石垣島サンセットビーチ→平久保崎灯台→元紳助さん食堂→大浦ダム→吹通川マングローブ→底原ダム&真栄里ダム→川平湾→石垣御神埼灯台(いしがきおがんさきとうだい)→琉球観音埼灯台→夜散歩→あきら→ゲストハウス宿泊

2019年12月18日:バンナ公園→川平湾→高嶺酒造所→石垣やいま村→一休(ヤギ汁)→龍神鍾乳洞→ドン・キホーテ→石垣島空港(レンタカー返却)→石垣島フェリーターミナル(荷物預け)→730&ユーグレナモール(散歩)→さよこのサーターアンダギー&八百屋→知念商会→フェリー【石垣島ー黒島】→プズマリ&宮里海岸→黒島宿泊

2019年12月19日:プズマリ&宮里海岸→仲本海岸→黒島灯台→喜→ガソリンスタンド→伊古桟橋→黒島展望台→たま商店→UNDOUYA→黒島ビジターセンター→黒島研究所→振り向き岩→フェリー【黒島→石垣島】→MAMI DELL→フェリー【石垣島→小浜島】→西大岳展望台や→大岳展望台→カトレ展望台→細崎海岸&海人公園→こはぐら荘→
前本商店→節さだめ石&シュガーロード→小浜島宿泊

2019年12月20日:フェリー【小浜島→石垣島】→八重山博物館→金城かまぼこ店→イオン→八重山平和祈念館→具志堅用高記念館→焼き肉『ちょうしゅう』→フェリー【石垣島→西表島】大原港→忘勿石の碑→南風見田(はえみだ)の浜→大原港→野生生物保護センター→由布島→上原港→白浜港→水準点モニュメント→子午線モニュメント→千立の節祭の石碑→唐変木(とうへんぼく)→地元商店『スーパー八重・和鮮魚・スーパー川満』→西表島宿泊→ナイトカヌーツアー

2019年12月21日:由布島→猪狩家→フェリー【西表島大原港→波照間島】→ニシ浜→星空観測タワー→日本最南端モニュメント→波照間島一周→波照間宿泊

2019年12月22日:フェリー【波照間島→石垣島】→焼き肉『きたうち牧場』→今回

ってことで、今回の記事は『石垣島一周&周辺離島巡り』5つ目の島!『竹富島』の記事を書いていきます♪

フェリー(石垣島→竹富島)

早速、フェリー往復券を購入し竹富島へ出発です♪

竹富島は、石垣島から一番近い離島でもあります\(^o^)/

乗船時間は約15分!船酔いしている暇もありません(笑)

あっという間に到着しました( ^)o(^ )

竹富島もノープランです!翌日に行くことになる『鳩間島』同様に歩いて島一周することが出来る小さな島です♪

ちなみに、今回巡った島でのおススメの移動手段は

竹富島:徒歩・自転車

黒島:自転車

小浜島:原付バイク

波照間島:原付バイク

西表島:レンタカー

鳩間島:徒歩

です!理由等は、総集編の方で書いていきたいと思います( ^)o(^ )

フェリーターミナルからは、中心部まで送迎が出ていたのですが歩いて行けそうな距離だったので歩いてみました!

ずっと登り坂なので意外とキツかったです(笑)

とりあえず、この日お世話になるゲストハウスに向かって荷物を預けることに・・・!

キャリーバックに波照間島で買った泡盛『泡波』も入れていたので結構負担がかかっていました。そんな中砂地・砂利道をコロコロと引っ張っていたらキャリーバックが壊れちゃいました( ;∀;)ずっと一緒に旅してきたのに・・・常にカバーをしていたので、外観自体はメチャクチャ綺麗です♪

何とか使えるようになったんですが、持ち手のストッパーが壊れたままだったり・・・良いのが見つかるまではこのまま使います( ^)o(^ )

ゲストハウスに荷物を置いたら散歩開始です♪

中心地は、the沖縄の昔ながらの家が立ち並んでいて、水牛に乗って街並みを見ている観光客でいっぱいでした!

ちなみに、今回は『西表島』の由布島に渡る際に、一度乗っていたのでパスしました!

そんな町並みを見ながら、最初に向かったのが

西桟橋

今は使われていませんが、桟橋として使われていた場所です!

今回の離島巡り最初の島『黒島』に似た場所でした( ^)o(^ )

天候がイマイチだったので絶景とは言えませんでしたが、綺麗な海でした♪

いつか天気の良い日に夕日&星空を眺めたい場所です!

次に向かったのが

コンドイ園地(コンドイビーチ)

途中、ハイビスカスが綺麗に咲いてました( ^)o(^ )

コンドイビーチには『幻の浜』と呼ばれている砂の大陸があり、竹富島で人気No.1のビーチとしても有名です!

普段から遠浅のビーチですが、干潮時には島の大陸が現れます!

ビーチから歩いて行けるの幻の特別感が・・・(笑)

でも、凄い綺麗なビーチです♪

特にツアー等で!っていう縛りもなく気軽に行けるスポットとして最高の場所だと思います( ^)o(^ )

ネコも沢山いて癒されました♪

次に向かったのが

皆治浜(かいじはま)

星の形のした砂がある場所として人気な場所です!

星砂と呼ばれていますが、海藻などに付着した有孔虫(ゆうこうちゅう)→ホシズナの遺骸が浜に打ち上げられたものだそうです!

多くの人が星砂を探している姿がありました( ^)o(^ )

アイヤル浜

集落からも離れていて、あまり観光客が踏み込まない地みたいです!

この日は貸し切りだったので、のんびり過ごすことが出来ました(^◇^)

アイヤルは人が少ないのも影響しているのか年中いろんな花が咲いている竹富島で、チョウをゆっくり見れるスポットとしてマニアには人気みたいです♬

ミーナ井戸

ミーナ井戸:神の見つけた井戸という意味

看板より・・・天降りの女神マリツがこの岩屋に住んでおり、人知れず一生懸命に清水の湧き出る水脈の仕事をしていた。ある日、それを知ったソコツ神が北と南に分かれて岩を掘り、北の泉をマリツ、南の井戸をソコツの夫婦泉になりました。これが、竹富島の井戸の始まりとされています。

先島諸島火番盛

黒島・波照間島にもあった監視台です!

大きさは、一番大きかったです♪

黒島同様、上に登ることが出来ませんでしたが、波照間島で登ったのでOK( ^)o(^ )

ンブフル見張り台

現在は封鎖されていますが、入口の石垣の言い伝えが有名なスポットです!

特徴的な名前がついていますが、これもその言い伝えからつけられた名前だそうです( ^)o(^ )

ンブフル・・・昔、仲筋村の住民の買っていた牛が夜中に飛び出し、角で土や石を突き上げて一夜のうちに高い丘をつくり、その上で『ンブフル ンブフル』と鳴いていたそうです。それを土台に堅固な見張り台を築き上げ、その牛の鳴き声から『ンブフル』と名付けたと言われているそうです!

こんな感じで約4時間の散歩は終了です(笑)

ゲストハウスに戻って、洗濯やシャワーを済ませていたら宿泊のお兄さんにお食事に誘われたのでありがたくご一緒させていただくことに( ^)o(^ )

しかも、お店は竹富島で人気のお店!そばが無くなり次第終了って情報を知っていたため諦めた場所でした♪

昼間しかやっていないお店だと思っていましたが、不定期で営業しているとの事!営業時間も2時間と短いという情報でした( ^)o(^ )

出発前に営業の確認と予約まで全てしていただきました!

宿からは徒歩ですぐ到着でした♪

そば処 竹之子

一人じゃないことも有り、たくさんの種類を食べれるし、会話も楽しいし最高の時間でした( ^)o(^ )

星が出ていなかったので、帰り道は軽く散歩しながら帰りましたが、そのあとの『ユンタク』も楽しい時間でした♪

お兄さんと翌日の予定の打ち合わせもしました(笑)

お兄さん:西表島宿泊予定(2日前に自分が泊まった宿)

自分:鳩間島のフェリーが動けば鳩間島→西表島or石垣島宿泊予定(気分次第)

ってことで、翌日は朝のフェリーで一緒に石垣島に帰ることに(^^♪

で、今回の記事は終了です(^◇^)

次回は、『石垣島一周&周辺離島巡り』7日目!6つ目の島『鳩間島』の記事を書いていきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました