< フェリーで行く!真夏の北海道を満喫の旅(3日目) | よしタビ

真夏の積丹半島は美し過ぎた・・・想像を絶する景色とは?(北海道3日目)

北海道

2021年2度目のよしタビ!今回の訪問先は『北海道』です♪

期間は7月13日~7月21日で予算は20万円を目標としています(^_-)-☆

今回の記事は7月15日(3日目)の記事となります♪

2021年スタート時点では、6月~10月の休暇は北海道に行きたいなぁ~なんて年間計画をしていましたが、お家でダラダラ過ごしていました(笑)そんな時、以前の職場でお世話になったの方からの電話で急遽『フェリーで行く!真夏の北海道を満喫の旅』が決まりました!ちなみに、電話が来たのは移動日の前日7月12日でした・・・と言っても、一緒に行くわけではなく途中まで送って行ってもらう!ってヤツです(^_-)-☆

八戸~苫小牧のフェリーで移動するのが効率が良さそうだったので、電話を頂いた30分後にはフェリーとレンタカーの予約をしました!この思い切りの良さには自分でもビックリでしたが、気持ちの整理がつきませんでした( ;∀;)

予定は道南・道央を中心に・・・と、ざっくり(笑)

ってことで、早速3日目の記事に入りますε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

小樽 友鱗朝市

朝市での朝食からスタートしましたが、見事に寝坊・・・完全なる出遅れです(笑)

朝早くからやっている市場だったので、もっと早く行動をしたかったんです。宿泊場所から徒歩圏内だったんので散歩しながら!って思ってたんですが、チェックアウト→車で移動になっちゃいました( ;∀;)

以前にも食べたことがある場所だったんですが、コロナの影響により市場で購入したものを調理していただくシステムは中止となってました!ってことで『岩ノリラーメン』を頂きました♪

数年前に函館でオススメしてもらって食べた岩ノリのおにぎりから『岩ノリ』にハマってます♪

あとは『ホタテ丼』を作っていただきました♪ラーメンを頼んじゃっているので量が多すぎると食べきれない可能性があるので、通常ライスにホタテの刺身を注文して乗せてもらいました!しかもご飯を酢飯にしてくれました!(^^)!

こういう多少のリクエストも快く受け入れてくれる場所って最近は少ないですよね?お客さんが多く、忙しい時にはできないことでもありますが・・・

こういうところも含めてこのお店が好きです(^^♪

朝早くから開いていることもあり、早朝から行動したい人たちにはピッタリですよ?

小樽の紹介はここまでです!小樽=小樽運河って方も多いかと思いますが、今回は完全スルーとなってます(笑)

積丹半島

旅の序盤の寝坊という想定外な出来事により予定が総崩れ・・・順番を変えて一気に『神威岬』まで移動して、いくつかの立ち寄りポイントを散策しながら余市方面へ戻る計画に修正しました!最悪、再度小樽まで足を延ばしてもアリかな?と思っていたので気が楽でした(笑)

神威岬(カムイ)

この旅の出発前になぜか『神威岬』を中心とした積丹半島の情報が各局のテレビで放送されることが多かったと思います!これまでだったらスルーする場所だったんですが、気になりすぎて早々に目的地に決定してました♪

到着するとすでに駐車場には多くの車とバイク『これだけの人がいればクマもいないだろう』と安心して散策開始です(笑)

この時点で10時過ぎでしたが、日差しも強くかなり気温も上昇してました。灯台のある場所までは歩いて約20~30分の道のりでしたが、高低差があるので想像以上に足腰に負担が掛かりますので覚悟してください!また、水分補給ができるように水などは持って行きましょう♪

最初の画像で分かるように、岬までの道のりは一本道となってます!せっかくだから全部見たいというのが本音ですが、体力に限界がある人も少なくないかもしれません。無理して岬まで行って嫌な思い出として残ってしまっては勿体ないので、自分の体力に合ったプランで歩きましょう!

・全て回りたい人:駐車場→神威岬展望台(画像①)→画像⑥から一番右の展望スペース→駐車場の順で回ると体力的にも一番効率よく回れます!

・体力に自信がない:駐車場→女人禁制のゲート(画像⑥)から徒歩5分→体力が余っていれば画像⑥から一番右の展望スペース→駐車場

一番右にある展望台は駐車場から直結で行けるんですが、ひたすら登るのでどんどん大量を失われてしまいますのでご注意を!

どこからのポイントがお気に入りとなるかは人それぞれだと思いますが、自分は女人禁制のゲート(画像⑥)から徒歩5分の場所からの景色が一番お気に入りでした♪

体力に自信がない方でも、行けちゃう場所だと思うのでできる範囲でチャレンジしてみてください♪

確かに岬の突端までに行かないと味わえない景色もありますが・・・

滞在時間としては1時間は確保しておかなければならない場所ですかね?天候にもよりますが、自分は1時間半の滞在でした!もっと余韻に浸かりたかったですが、寝坊が響いてしまって・・・

島武意海岸(しまむい)

神威岬から車で30分ほどの位置にある『島無意海岸』は駐車場から徒歩にてトンネルを抜けて向かいます!

暗いトンネル内は、ヒヤッとした風が通り抜けるために夏の暑さが吹き飛んでしまいます!

トンネルを抜けた先には・・・

暑い真夏にトンネルで涼しんだと思ったらこんな景色が飛び込んでくるなんて・・・完全に手玉に取られてる感じがしたくらいの絶景でした!

しばらく上から景色を楽しんだら海岸まで移動開始!っと下り始めたところまで良かったのですが、徐々に神威岬のダメージが・・・ずっと下りの階段なので帰りのことを考えると・・・ってことで、途中で引き返しました(笑)

積丹半島を巡るなら途中で昼食を挟んで疲労回復の時間が必要ですね!自分は余市まで戻って食事をする予定だったので、神威岬→島無意海岸→次に行く『黄金岬』と通常なら1日かけてゆっくり回っても良いところを数時間で行っちゃう詰込みスケジュールだったので、体力の方が心配になっちゃいました( ;∀;)

黄金岬

島無意海岸から車で30分ほどの位置にある『黄金岬』は、観光協会へ駐車してから徒歩にて向かいます♪観光協会へ行けばルートを教えてくれますので、立ち寄ってみてください!

往路が登りの約10分の道のりとなりますので、比較的体力に自信がなくても行けちゃいます!違うルートで登ると階段が続くので難しいかもしれませんが・・・

ただし、観光客が沢山いるわけではないので恐怖心もあります。展望所までの道のりは緑が豊富なのでヒグマが出るんじゃないかと・・・そんな時、目の前にシカが現れてメチャクチャ驚いてしまった自分がいました!それを追いかけてヒグマが出てきたらどうしようとか( ;∀;)

展望台からの景色は最高でしたが、頭のどこかで帰り道のことが気になりながらの黄金岬でした!

途中に『松山千春』の石碑もありますので、立ち止まってみてください♪

昼食を求めて余市までに戻る途中にも立ち寄りスポットがありますので画像のみで紹介したいと思います!

ローソク岩

えびす岩と大黒岩

余市 たけや

ラストオーダーギリギリで間に合いました!

ここまで来れたらこの日のノルマ達成に等しい(^_-)-☆

注文したのは『イカ・甘エビ丼』です♪

この旅の5食目ですが、結構ネタ被り少なく食事を楽しめてるかも⁉

丼もの一つだけの注文で終わるタイプではないので・・・

特大エビフライを単品にして出していただきました!実は生えび<火を通したエビの方が好きなんです♪どちらも大満足(*^▽^*)

問題はこの先・・・ここに間に合わなかったら小樽に宿泊してもう少し海鮮を楽しむ予定でしたが、食べれちゃったんですぐに移動したかったのに目的地も宿泊先も思い浮かばない( ;∀;)

ってことで、もう少し先のスケジュールまで考えてみると函館がある!宿泊先を探すと宿泊してみたいホテルを1カ所発見♪ここからスタートしてもチェックインできるまでに真っ暗になってしまう・・・今回の旅で一番贅沢なホテルになるので、ホテルでの時間を大切にしたってことで翌日(7/16)4日目の宿泊先に決定し予約しました!

後ろが決まってしまえば、この日の目的地も簡単♪翌日の函館入りを17時頃に間に合う場所へ移動するだけ(*^▽^*)

積丹半島の余韻にも残っているので特にどこかへ立ち寄る必要もなし!宿泊先を洞爺湖or室蘭で迷いましたが、間に合えば夕日が見れるかも⁉っていう安易な考えで室蘭を宿泊先に選びました♪

振り返ってみれば洞爺湖宿泊が良かったかも・・・って思っちゃいましたが( ;∀;)

仁木町(にき) サクランボ

小樽で宿泊している時にテレビでサクランボ狩りの宣伝をしていたのが微かに記憶にあったので直売所で購入しちゃいました(#^.^#)

室蘭

室蘭には展望台がいくつか点在しているので、夜景も含めて楽しめると思い洞爺湖<室蘭を選択しました!

白鳥湾展望台

想像以上に遠かったですが、白鳥大橋を渡れば違う展望所があるので問題なし♪しかし、一気に濃い霧が・・・洞爺湖を半周している暇はなかったです( ;∀;)

ってことで、少し早い時間からホテルへチェックイン!夜には晴れてくれて夜景が見れることに期待です♪

味の大王 室蘭本店

室蘭と言えば『味の大王 カレーラーメン』が有名ですね!ほかにも母恋めしや室蘭焼き鳥もありますが、今回はカレーラーメンを選択♪室蘭市内の違う場所では食べたことがありましたが、せっかくなので(^_-)-☆

この旅を振り返ってみると、ここがカレーを食べ始めたスタートになったんだと・・・(笑)

ってことで、夜景を見るために移動開始ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

測量山

数人のカメラ愛好家たちがいましたが、見事な霧・・・時間が経てば経つほど濃くなってしまいました( ;∀;)

祝津公園展望台

当然ですがこちらも霧です。測量山ほどではないですが・・・

翌日の朝からもう一度リベンジ!ってことで、ホテルへ戻ってデザートタイム(笑)

仁木町で買ったサクランボを半分ずつ食べました(#^.^#)

残りは翌日の朝食で!

ってことで『真夏の北海道を大満喫の旅』1・2日目の記事はここまでです!

今回の旅も経費を記していきたいと思います♪

経費(3日目終了時点)92197円

今回は八戸からを旅のスタートとしますので、13日からの経費となります!

7月13日(1日目)9599円

交通費:5600円(フェリー)

食費:2940円(八食センター)

宿泊:0円(フェリー)

その他:1059円(漫画喫茶)

合計:9599円

7月14日(2日目)67522円

交通費:レンタカー50620円(レンタカー)1430円(タクシー)800円(駐車場2カ所)52850円

食費:1500円(朝)1500(昼)2626円(夜)1000円(どら焼き3個)6626円

宿泊:4872円(小樽)

その他:3174円

合計:67522円

7月15日(3日目)15076円

交通費:3454円(ガソリン代:22ℓ)

食費:1850円(朝)3080円(昼)830円(夜)950円(サクランボ)6710円

宿泊:4345円(室蘭)

その他:567円

合計:15076円

3日目終了時点でも旅の満足度は上々(^_-)-☆室蘭に入ってからは思い通りにはなってませんが、全てが完璧にとはいかないので・・・プランもガバガバなので(笑)今のところは合格点です♪積丹半島があんなに素敵な場所だとは思ってもいなかったので余計に充実感があります!

次回の記事は4日目!朝から室蘭は・・・そんな思いを一瞬にして吹き飛ばしてくれる最高の景色に出会いました!人生初の○○♪ここで出会えるとは思ってもみなかったです。夜は函館に宿泊し、お楽しみのホテル時間(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました